販促品の利用方法と価格

どこまでの予算を出すのかによって、販促品を発注する量も価格も異なります。リーズナブルなものは1つ数十円するかしないものもありますが、高額なものの場合には数千円程度の価格となるものも少なくありません。量や価格によって発注する予算は異なりますが、利用する人々にとって利用しやすいものとしては、数十円の物をばらまきとして使用することです。企業ごとに様々なポイントがありますが、印象深いものを提供するのか、あるいは企業としてイベントの際にビンゴゲームやくじ引きで使用して配布するのか、配布の形態は様々なものがあります。企業として使用する際に顧客へ単純に得となる印象を与えるばかりではなくより一層顧客に喜ばれる側面で利用したほうがいいのは事実です。利用しやすいポイントを踏まえてから販促品を利用するほうが、より印象的となります。

販促品の一つであるリーフレットの特徴

販促品の一つであるリーフレットは、今やどこに行っても必ずといっていいほど置いてあるノベルティグッズとして普及しつつあります。リーフレットの魅力としては、パンフレットよりも価格が安く、折りたためば小さくコンパクトになるのでかさばらないといった点があります。このリーフレットを案内などとして販売促進のために上手く活用すれば、高い宣伝効果を期待することができるでしょう。例えば、飲食店であればメニューや値段を記載したり、お店の場所がすぐに分かる地図を載せたり、シェフやスタッフの顔写真を載せるのもいいかもしれません。このリーフレットには様々なタイプがあります。最も一般的なものは二つ折りや三つ折りタイプのリーフレットです。また、折り方にも様々なタイプがあります。最も一般的な巻き三つ折りの他にも観音折りや蛇腹折り、カエル折りといったタイプもあり、用途によって使い分けることができます。

販促品のリーフレットをデザインする際のポイント

リーフレットを販促品として活用し、お客さんに効果的にアピールするためにはどのようなデザインにするかが非常に重要になってきます。では、魅力的なデザインにするためにはどういったポイントを押さえて制作するのが良いのかというと、まず、ターゲットを明確化することです。ターゲットとする対象によって、全体のテイストや色合いなどを明確にしておくことが、魅力を持たせるためのポイントになるからです。例えば、20~30代の若い女性をターゲットにする場合には、ピンクなどの優しい感じのする色使いにするのがおすすめです。次にデザインについては、次のようなポイントを押さえましょう。まず、利用者にとってお得なサービス情報を載せること、利用するための問い合わせ先や店名を明記すること、一目見ただけで相手の印象に残りやすいようにすることを意識することです。