販促品を使った企業の販売攻勢に惑わされない消費者

展示会場や店頭等で新商品の発売キャンペーンの機会があると自社名や商品名あるいはブランド名を記入した品物を来場者や来店客へ無料で配るものが販促品と呼ばれて、消費者に知ってもらったり、売り上げ増につなげることを目的にした販売促進活動の一環で使われています。販促品はノベルティーとも呼ばれて、ポケットティッシュやBOXティッシュの類から消費者に長く使ってもらえるCDケースのような品物まで様々です。昨今のように競合する商品の販売合戦の激しい業界では商品に品質上や機能上で差別化することにより消費者に他社商品より優先的に使ってもらえるものにできることが望ましいわけです。しかしながら、汎用品のためそれが難しい場合は消費者の記憶に残るようにキャラクターを使って企業のイメージアップを図ったり、販促品の配布を繰り返す作戦を展開しています。企業側の攻勢を強めるこの行動に対して消費者は溢れかえる程多い商品群の中から必要なものを選ぶ目が惑わされないように意識しています。

販促品を作っている業者

企業を有名にするためには、販促品を作ることが欠かせません。自社でアイデアを出すことはできても、実際に作るとなると、そこは専門業者に依頼することが一般的となっています。そこでまず、販促品を作っている業者を探すことがポイントです。専門的に制作してくれる業者を見つけることで、より良いものを作ることができます。業者探しはインターネットで手軽に行うことができます。また、実績の高さや品質の良さなど、評判を調べてみることも大切です。当然、評判のいい業者に依頼した方が効率的です。場合によっては、販促品によって企業が有名になるだけではなく、ヒット商品が産まれたり、会社にとって利益が出たりすることもあります。何がヒットするかは分からないことから、制作に手抜きをしないようにすることが重要となってきます。もちろん、莫大な費用を投資せずに制作することが大事です。

イベント成功率と販促品の関係性

イベントなどによってオリジナル販促品を配布する場合には企業色を大きく出した形での販売促進が大切といわれています。実際に様々な利用者がいますが、企業色を大きく出す場合においてどの程度自社の製品との関連性を販促グッズに出すことができるのかを事前に確認してから使用してください。利用する前に信頼できる業者ならば、販促グッズの試供品やカタログを提供してくれます。事前に確認してから社内で自社の製品との関連性を確認、検討してから利用することで、イベントの成功率アップにもつながるのは事実です。利用する前には複数の企業からカタログや必要と思えるサンプルを提供してもらい、自社のイベント成功率を向上させることが重要といえます。また、企業によってどれくらいのグッズを発注するかによって割引が大きく異なりますので確認しておくことが成功の秘訣です。